モダニズムのニッポン

モダニズムのニッポン

電化ではじまった大量生産・大量消費時代。チラシで復元するモダン日本。
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2006年07月07日
大正から昭和に電化・都市化で「モダニズム」が進んだ日本。今日につながる価値観や生活様式が生まれたこの時代の諸相を、チラシ・パンフレット・カタログなどを手がかりに復元。等身大の近代を描き出す。

〈目次〉

   はじめに

一 電化がひらくモダニズム
  1 電気と科学がひらく時代
  2 電波の図像
  3 家庭の電化
  4 合理と機能のモダニズム
  5 電化の啓蒙
  6 照明芸術
  7 電気サイン展覧会

二 旅行と観光のモダニズム
  1 モダン東京、帝都遊覧事始め
  2 水の都、大阪を行く
  3 滑稽漫画
  4 満州のリゾートライフ
  5 ホテルと国際観光
  6 憧れのオーシャントラベル

三 はじまった「近代生活」
  1 文化サロンとしてのカフェ
  2 ラジオ体操
  3 清潔な私たち
  4 洋装とモダンガール
  5 直線時代と直線生活
  6 意匠のモダニズム
  7 食とビルディング

四 広告のモダニスム
  1 幻のオリンピック商法
  2 ニコニコ主義とイベント
  3 市章のイコノロジー
  4 極東オリンピックとゴールインマーク
  5 文化と色彩
  6 ランカイ屋のユートピア
  7 二〇三〇年の未来広告

五 都市と社会のモダニズム
  1 盛り場のモダニズム
  2 河畔の摩天楼
  3 山上の避暑地
  4 国勢調査
  5 輪界の覇王
  6 モダンライフとローマ字
  7 ZOOLOGICAL GARDEN
  8 賢治の温泉リゾート
  あとがき
  初出一覧
  • ISBN コード : 9784047033955
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 280ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●橋爪 紳也:1960年生。大阪市立大学大学院文学研究科教授。建築史・都市文化論専攻。工学博士。『絵はがき100年』朝日選書(2006)、『あったかもしれない日本』紀伊国屋書店(2005)、『モダン都市の誕生』吉川弘文館(2003)など多数。
送料無料
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品