怪談前後 柳田民俗学と自然主義

怪談前後 柳田民俗学と自然主義

柳田國男はなぜ田山花袋の『蒲団』を否定したのか
定価: 3,024円(税込み)
発売日:2007年01月31日
明治四〇年前後の「怪談の時代」を同時代として生きながら、「それぞれの自然主義」のあり方として民俗学と私小説を立ち上げた柳田國男と田山花袋。「自然主義」をめぐる「怪談の時代」の顛末を描き出す。

〈目次〉
序章 『遠野物語』序文を読む──未だ民俗学ではない書物として

第一章 内面嫌い

第二章 野蛮の書式

第三章 隘勇線への視線

第四章 自然児の人生

第五章 「私怪談」と現実の更新

第六章 部屋の小説家

第七章 魔法使いの孫

第八章 偽私としての安堵

第九章 地震と新開地

第十章 手紙の啓蒙家

第十一章 美知代の反撃

第十二章 第六感の自然主義

終章 「世間話」の改良

   あとがき

   主要参考文献
  • ISBN コード : 9784047034013
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 496ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●大塚 英志:一九五八年生まれ。筑波大学人文学類卒業。日本民俗学専攻。漫画原作者、評論家、編集者、神戸芸術工科大学先端芸術学部教授。『戦後まんがの表現空間』でサントリー学芸賞受賞。『更新期の文学』『キャラクター小説の作り方』『初心者のための「文学」』ほか著作多数。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品