オスは生きてるムダなのか

オスは生きてるムダなのか

メスは有能、オスは無能? 性と死の起源など生物の不思議を明らかにする!
定価: 1,512円(税込み)
発売日:2010年09月17日
一回の生殖で一生分の精子を貯める女王蜂、個体ごとに性別を変化させるミミズ、体と脳の性が別々に決まる人間。性の誕生によって劇的に変化した生命史を辿り、自然淘汰だけでは説明できない性の不思議に迫る。

〈目次〉
第一章 なぜオスとメスがあるのか
  何のためにオスとメスがあるのか/「性がある」デメリット/「性がある」メリット/性になるバラエティー増加/遺伝子修復のための性/自分自身で遺伝子修復する生物/単為生殖する生物の問題点/同種でも生息域によって生殖方法が異なる生物/人間の影響/有性生殖のメリット/生物の寿命/いいとこどりの生物/メスは有能・オスは無能/幼生生殖の例

第二章 性の起源と死の起源
  生命の起源/細菌の誕生/磁場の発生/真核生物の誕生/遺伝子組み換え/植物と動物の進化の差異/2nにもnにもなれる/「死ぬ」能力/アポトーシス/アポビオーシス/不死のガン細胞/不死の可能性/進化的な死

第三章 性の進化
  真核生物における性の起源/大小の誕生/異形配偶子の進化/オスとメスの比率/性比のコントロール/植物の性分化/動物の性分化/自家受精する動物/遺伝による性決定/環境による性決定/性を決める遺伝子/哺乳類にも例外はある/昆虫の性決定/性転換する生物/性を操作する細菌ウォルバキア/雑種/オスは生きている無駄である/オスの努力/種によって異なる性行動/オスは大変だ/メスがオスの形を作る?/アンテキヌスという生き方/ハーレムを作る動物/オスとメスの騙し合い

第四章 人間の性決定と性にまつわる話
  女は実体、男は情報/人間の性を決定する遺伝子/オリジナルな性/男性ホルモンの役割/Y遺伝子はどうして小さいのか/一本で十分な働きをするX染色体/男女の身体差/男脳と女脳/ゲノムインプリンティング/男女の性質の違い/人間の脳の大きさ/脳の進化の副産物/男と女の騙し合い

あとがき
  • ISBN コード : 9784047034693
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 200ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●池田 清彦:1947年、東京生まれ。東京教育大学理学部卒業、東京都立大学院生物学専攻博士課程修了。現在、早稲田大学国際教養学部教授。著書に『さよならダーウィニズム』(講談社選書メチエ)『新しい生物学の教科書』(新潮文庫)、『初歩から学ぶ生物学』(角川選書)など多数。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品