明治のお嬢さま

明治のお嬢さま

「良妻賢母」より「容姿端麗」 ゴールは結婚!
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2008年12月10日
令嬢たちの才能や個性を生かす道が限られていた明治期、社会は「嫁は美貌が第一」という風潮だった。そのため彼女らは、美白、ダイエット、整形手術と美に磨きをかける。お嬢さまの秘められた実態を明かす。

〈目次〉
はじめに

第一章 華族女学校──お嬢さまの学校生活
    憧れの令嬢生活/元祖お嬢さま学校/お嬢さまの成績と「たしなみ」/お嬢さまの礼儀作法/学習院序学部に

第二章 美人の品定め──結婚適齢期のお嬢さま
    男袴から海老茶袴へ/お嬢さまの運動会/運動会の「美容術」/嫁探しの授業参観/美人コンテスト/男たちの本音/「くろうとの女」対「しろうとの女」/美は権力を呼ぶ

第三章 明治の“新旧”の上流階級──さまざまなお嬢さま
    皇族・華族・士族・平民/五つの爵位のランキング/爵位の継承は男系/爵位を望んだ富豪たち/二十四、五歳で「老嬢」

第四章 家の存続と「妾」問題──お嬢さまの母の世代
    「蓄妾率」七〇パーセント/妾の廃止をめぐる議論/明治天皇の皇后と側室/徳川慶喜の妾と華麗な閨閥/妾をもつ父、もたない息子/鹿鳴館とバッスルスタイル

第五章 大名華族と家政──お嬢さま一家の生活水準
    大名華族vs.公家華族/某伯爵家の一年の支出予算/大名華族の食事/大がかりな行事や婚礼

第六章 広大な御殿と付き人──お嬢さまの生活環境
    ホテルや公園になった華族の邸宅/部屋数が七十、使用人が百五十人/パリでも美人の皇族妃/妻妾同居/貴族は猫舌/大磯や日光の別邸/お嬢さまのお出かけ

第七章 雑誌に登場する女性像──「見られる存在」のお嬢さま
    近代日本の理想の女性像/セレブが登場するグラビア/人気企画「令嬢鑑」/女学生バッシング/化粧に熱中する令嬢たち/美しく“化ける”/「痩せたい」願望/遠藤波津子の美顔術/髪をなびかせるハイカラ女学生/流行の髪型/商品カタログが謳う最新流行/「美」にとらわれるお嬢さま

第八章 日露戦争という体験──お嬢さまのボランティア
    “戦中派”としての意識/「篤志看護婦人会」の設立/採用条件は「美貌でない者」/出征軍人への慰問袋/気高く美しい姿

第九章 上流階級の結婚事情──お嬢さまから貴婦人へ
    「若き婦人の男子に対する心得」十カ条/十四歳で婚約した鍋島伊都子/皇族妃になるための儀式/夫が十年間不在だった九条武子/「筑紫の女王」柳原白蓮の恋/大倉財閥に嫁いだ伯爵令嬢/結婚媒介所の流行/美をアピールする写真/写真で射止めた玉の輿

おわりに

主要参考文献
  • ISBN コード : 9784047034419
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●黒岩 比佐子:1958年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒。ノンフィクション作家。著著に『音のない記憶』(文藝春秋)、『伝書鳩』『日露戦争 勝利のあとの誤算』『食育のススメ』(以上、文春新書)、『編集者 国木田独歩の時代』(角川選書)などがある。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品