万葉集 隠された歴史のメッセージ

万葉集 隠された歴史のメッセージ

万葉集の魅力に迫る! 編纂の目的、歌の魅力、表記の工夫などから徹底分析
定価: 1,728円(税込み)
発売日:2010年07月23日
『万葉集』は何のために編集されたのか。漢字で〈やまと歌〉を書くための技術をどのように開発し、それが歌にどのような広がりを与えたのか。万葉の歌の魅力を堪能しながら『万葉集』の全体を一望する。

〈目次〉
はじめに

第一章 『万葉集』という「書物」──「やまと歌」による〈歴史〉の創造
    【第一章のための基礎知識】
 一 「書物」としての『万葉集』
 二 皇統の《始祖》──一番歌・雄略御製
    【コラム1・一番歌はいつ作られたか】
 三 満ち足りた実りの国──二番歌・舒明御製
 四 歴史上の舒明天皇
    【コラム2・不思議な標目】
 五 天皇による統治の完成への歩み
 六 藤原宮の主・文武天皇
    【コラム3・皇位継承の次第を示す配列】
 七 巻子本であった『万葉集』
 八 成長する「書物」・『万葉集』
    【コラム4・音読から黙読へ】
第二章 万葉歌人たちの詩の技法
    【第二章のための基礎知識】
 一 額田王の〈媚態(コケットリー)〉
 二 柿本人麻呂の想像力
 三 山上憶良の悟り得ぬ心
 四 大伴家持の孤独
 五 作者未詳歌の輝き

第三章 漢字に託す心──漢字で書かれた「やまと歌」
    【第三章のための基礎知識】
 一 巻一の書記法──記憶に支えられた大胆な表記
 二 『万葉集』の《文字法》
 三 漢字から「かな」へ

第四章 万葉集古写本の世界
    【第四章のための基礎知識】

引用文献一覧/学びの導き手

おわりに
  • ISBN コード : 9784047034709
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 296ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●小川 靖彦:一九六一年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。専攻は日本上代文学、書物学。国文学研究資料館、和光大学、日本女子大学をへて、青山学院大学教授。『萬葉学史の研究』(おうふう)で上代文学会賞、全国大学国語国文学会賞。
stok_
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品