俳人青木月斗

俳人青木月斗

子規から「俳諧の西の奉行」と讃えられた関西の雄・青木月斗の初の評伝。
著者: 角 光雄
定価: 3,024円(税込み)
発売日:2009年10月30日
青木月斗は明治12年(1879)、大阪市生まれ。家業の薬種業を継ぐかたわら、少年時代より句作、俳誌「車百合」「同人」などで活躍し、関西俳壇の重鎮となった。本書は月斗研究の第一人者による初めての評伝。
  • ISBN コード : 9784046213792
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 248ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●角 光雄:昭和6年(1931)7月1日、広島県生まれ。22年ごろから青木月斗門の松本正気主幹「春星」に拠り、月斗の指導を受ける。のち「同人」「うぐいす」に入会。63年「あじろ」を創刊主宰。句集に『菊しぐれ』『薫風』『栗ごはん』。関西俳壇史に詳しく月斗研究の第一人者。
送料無料
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品