名句十二か月

名句十二か月

俳句人生に月日を刻む著者の好句控帖。人生観溢れる月ごとの名句鑑賞。
定価: 1,728円(税込み)
発売日:2009年09月10日
高校時代に俳句を始めた著者愛用の好句控帖は、阪神淡路大震災で失われた。満ち足りた時、疲れた時の拠り所となってきた名句の数々を新しいノートに書き写して成った、人生観溢れる真心の一書。

〈目次〉
はじめに

一月
  去年今年
  知らぬ月日は

二月
  梅真白
  詩に痩せて

三月
  いのちひしめく
  隠岐やいま

四月
  麗しき七曜
  楊貴妃桜房のまま

五月
  夜もみどりなる
  愛は奪うべし

六月
  綺麗な風
  朴散華

七月
  蛞蝓といふ字
  水中花

八月
  秋立つや
  泳ぐ船長

九月
  糸瓜の水も
  雲秋意

十月
  刈稲を置く音
  髪抜け落つる

十一月
  銀杏散る
  彼一語我一語

十二月
  冬帽子の歳月
  一生つかのまに

作者別俳句索引

単行本あとがき

選書あとがき
  • ISBN コード : 9784047034501
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●宇多 喜代子:俳人。1935年山口県生まれ。高校時代より作句を始め、「獅林」同人を経て桂信子に師事、「草苑」編集長の後「草樹」代表。現代俳句協会賞、蛇笏賞(句集『象』)受賞のほか02年紫綬褒章受章。評論、随想など幅広い活動を行い、06年より現代俳句協会会長。
stok_
送料無料
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品