戦国三姉妹 茶々・初・江の数奇な生涯

戦国三姉妹 茶々・初・江の数奇な生涯

姉は豊臣とともに滅び、お江は徳川を支えた!
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2010年11月25日
浅井長政の三人の娘、茶々・初・江の生涯を、歴史資料を駆使して描き出した先駆的な書。秀吉によって政略結婚の犠牲にされながらも、たくましく運命を切り拓いていった三人の姿が鮮やかに蘇る。

〈目次〉
    新版まえがき

第一章 浅井長政とお市の片の結婚
    戦国大名浅井氏とは/浅井氏のルーツ/浅井氏の戦国大名化/織田信長と浅井長政の同盟/お市の方の輿入れ/お市の方は本当の妹か/茶々と初の誕生/同盟の破綻/姉川の戦いへ

第二章 二度の落城を経験したお市と三人の娘
    三女お江の誕生/長政の自刃と小谷城落城/万福丸は殺される/織田信包に養われる/本能寺の変と三姉妹/北庄城の落城

第三章 秀吉の保護をうけた三姉妹
    政略結婚の持ち駒/お江の最初の結婚/初は京極高次に嫁ぐ/高次の誤った選択/嫁ぐ機会を与えられなかった茶々

第四章 秀吉の二人目の正室となる茶々
    側室となる茶々の心境/憎しみを風化させる演出/御産所としての淀城/鶴松の誕生/鶴松の死/秀頼の誕生/伏見城への移住/秀次事件/淀殿不倫のうわさ

第五章 徳川秀忠と結婚したお江
    小牧・長久手の戦い/お江夫婦の離婚/お江の二度目の結婚/秀勝の出陣/戦争未亡人となるお江/秀忠と三度目の結婚/長男格となる秀忠/秀忠の最初の結婚/秀忠とお江との結婚/秀忠をリードするお江/お江の生んだ男子

第六章 関ケ原の戦いと三姉妹
    秀吉の死と家康/淀殿の立場/関ケ原の戦いに至る経緯/京極高次と初夫婦/京極高次の寝返り/大津城の戦い/高次・初夫婦とキリスト教/高次・初夫婦とその子ども/異母弟浅井喜八郎と初/関ケ原浪人/関ケ原の敗北と淀殿

第七章 豊臣・徳川の力の逆転
    存在感の薄くなる秀頼/秀頼と千姫の結婚/豊国社臨時祭/秀忠、将軍となる/淀殿の反抗/家光の誕生とお江/国松の誕生/家督相続のきまり/お江・お福の確執/秀頼の二条城行き/豊臣・徳川の逆転の日

第八章 大坂の陣とその後
    常高院となる初/家康側の要求を拒絶する淀殿/方広寺鐘銘事件/家康の決断/大坂城に兵を集める秀頼/講和斡旋に奔走する常高院/大坂夏の淀殿と秀頼/その後の常高院とお江/戦国女性の地位を見直す/三姉妹──三者三様の歴史的役割

    新版あとがき

    浅井三姉妹関係略年表
  • ISBN コード : 9784047034822
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●小和田 哲男:1944年静岡市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了、文学博士。静岡大学名誉教授。専攻は戦国時代史。著書に『北政所と淀君』(吉川弘文館)、『甲陽軍鑑入門』(角川学芸出版)など。講演活動や歴史番組の解説・時代考証でも活躍。
stok_
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品