激動の昭和と国学者の手記 佐藤謙三日記抄

激動の昭和と国学者の手記 佐藤謙三日記抄

国学者の日々の眼差しを通して昭和を読む!
編: 安藤 靖治
編: 小山 奈々子
編: 脇屋 まり
定価: 2,052円(税込み)
発売日:2011年05月31日
学問に真摯に取り組んだ著者の目に映った日々の出来事を通して見えてくる昭和の時代とは? 優れた国学者が抱いた学問観とは? 未来を切開く若者たちに語り継がれるべきメッセージを膨大な日記から厳選した1冊!
  • ISBN コード : 9784046537560
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●安藤 靖治:1910年―1975年。国文学者。國學院大學元学長。横浜市出身。國學院大學国文科卒業。1970年から学長を歴任。「平安時代文学の研究」で文学博士に。学長在職中に逝去。没後30年を経て『佐藤謙三著作集』全5巻(角川学芸出版)が刊行された。
●小山 奈々子:1910年―1975年。国文学者。國學院大學元学長。横浜市出身。國學院大學国文科卒業。1970年から学長を歴任。「平安時代文学の研究」で文学博士に。学長在職中に逝去。没後30年を経て『佐藤謙三著作集』全5巻(角川学芸出版)が刊行された。
●脇屋 まり:1910年―1975年。国文学者。國學院大學元学長。横浜市出身。國學院大學国文科卒業。1970年から学長を歴任。「平安時代文学の研究」で文学博士に。学長在職中に逝去。没後30年を経て『佐藤謙三著作集』全5巻(角川学芸出版)が刊行された。
stok_
送料無料
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品