てんてん 日本語究極の謎に迫る

てんてん 日本語究極の謎に迫る

わたしたちが当たり前に使っている「濁点」は、画期的な発明だった!
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2012年01月23日
〈目次〉
はじめに
第一章 日本語の増殖
第二章 万葉仮名で書く日本語
第三章 〈かな〉前夜
第四章 清なる世界が創られる
第五章 言葉は曼荼羅
第六章 訓読と濁点
第七章 言葉遊びの文化
第八章 みんなで極楽へ
第九章 キリシタンと濁音
第十章 江戸と濁音
第十一章 言葉は科学である
第十二章 濁点の研究
参考文献
おわりに
  • ISBN コード : 9784047035003
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 216ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●山口 謡司:一九六三年、長崎県生まれ。大東文化大学准教授(中国文献学)。大東文化大学文学部卒業後、フランス国立高等研究院人文科学研究所大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究院を経て現職。著書に『日本語の奇跡』『ん―日本語最後の謎に挑む―』(新潮新書)など多数。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品