城の崎にて・小僧の神様

城の崎にて・小僧の神様

大正期の代表的短篇を集めた作品集
定価: 555円(税込み)
発売日:2012年06月22日
小説の神様と言われた志賀直哉。時代を経ていまなお、名文が光る短篇15作。秤屋に奉公する仙吉の目から、弱者への愛を描く「小僧の神様」ほか、「城の崎にて」「清兵衛と瓢箪」など代表作15編を収録する作品集。
  • ISBN コード : 9784041003343
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●志賀 直哉:明治43年、東大国文学科中退と同時に、親友の武者小路実篤らと雑誌「白樺」を創刊。長篇に「暗夜行路」ほか。緊密な描写による中短篇作品群は、近代日本文学史上評価が高い。昭和46年没。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品