「伝説」はなぜ生まれたか

「伝説」はなぜ生まれたか

世界の神話学を背景に、日本の各地に息づく説話を読み直す、画期的伝承論。
定価: 2,700円(税込み)
発売日:2013年03月22日
能登の洞窟にひそむ猿鬼、戸隠の山に棲む九頭龍、琵琶に宿る精霊……。物語ることの意味を解きあかす神話学を背景に、日本人が愛する伝説を読み直し、民衆の心性と歴史、王権と人身御供の秘密にせまる画期的伝承論!
  • ISBN コード : 9784046532732
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●小松 和彦:1947年、東京都生まれ。埼玉大学教養学部教養学科卒業。東京都立大学大学院社会科学研究科(社会人類学)博士課程修了。専攻は文化人類学・民俗学。現在、国際日本文化研究センター所長。著書に『いざなぎ流の研究』(角川学芸出版)、『異界と日本人』(角川選書)など。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品