数学が面白くなる 東大のディープな数学

数学が面白くなる 東大のディープな数学

一流の原石を見極めるために東大が用意した数学の問題とは?
著者: 大竹真一
定価: 1,080円(税込み)
発売日:2016年01月26日
東大数学の特徴の一つに、「基本問題の難問」が挙げられます。例えば、教科書に載っている公式を定義からきちんと組み立てて証明する問題は簡単なようで最後までたどり着くことが難しい。また、煩雑な場合分けの問題は、いかに単純化するかがカギとなり、そこには論理的思考力が試されます。
東大数学の本質を知ることで、入試問題に隠された数学の奥深さを体験しよう。
  • ISBN コード : 9784046002044
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 192ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 106 × 172 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●大竹真一:学校法人河合塾講師、京都府立大学非常勤講師・龍谷大学非常勤講師、河合文化教育研究所研究員。
大学・予備校での講義のほか、映像授業、月刊誌・入試問題正解などの執筆や大学の基礎準備教育についての調査研究など、多忙な日常生活を送っている。


stok_
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品