アル・ゴア 未来を語る 世界を動かす6つの要因

アル・ゴア 未来を語る 世界を動かす6つの要因

「不都合な真実」で温暖化の脅威を説いた著者が、再び世界に警鐘を鳴らす!
著: アル・ゴア
監訳: 枝廣 淳子
訳: 中小路 佳代子
定価: 1,944円(税込み)
発売日:2014年10月01日
世界の政治・経済・軍事力そして自然環境の劇的な変化を詳細に解説。PDF閲覧は→http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=301306001022
  • ISBN コード : 9784047318816
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 564ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 31.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●アル・ゴア:元アメリカ合衆国副大統領。米投資顧問会社ジェネレーション・インベストメント・マネジメント社とカレントTV の共同設立者兼会長。アップル社取締役。さらに、非営利団体クライメイト・リアリティプロジェクトを創設し、気候危機の回避に取り組んでいる。93 年1 月、第45 代アメリカ合衆国副大統領に就任し、8 年間務める。著書に『地球の掟』、『不都合な真実』、『理性の奪還』、『私たちの選択』など。映画『不都合な真実』は、2007 年に第79 回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。同年ノーベル平和賞を受賞。
●枝廣 淳子:東京大学大学院卒。同時通訳者・翻訳者・環境ジャーナリスト。環境問題に関する講演、執筆、翻訳等の活動を通じて「伝えること、つなげること」でうねりを広げつつ、行動変容と広げるしくみづくりを研究。地球環境の現状や世界・日本各地の新しい動き、環境問題に関する考え方や知見を環境メールニュースで広く提供している。主な著書・訳書に『朝2時起きで、なんでもできる!』、『地球のなおし方』、『不都合な真実』(アル・ゴア著)、『成長の限界 人類の選択』(デニス・メドウズ他著)などがある。
●中小路 佳代子:津田塾大学卒。ビジネス・経済分野の翻訳から、現在は主に環境分野の翻訳を手がける。主な訳書に、『グッド・ニュース――持続可能な社会はもう始まっている』(デヴィッド・スズキ著)、『ゼロから考える経済学』(リーアン・アイスラー著)、『フード・インク ごはんがあぶない』(エリック・シュローサー他著)、『学習する組織』(ピーター・M・センゲ著)、『地球に残された時間――80億人を希望に導く最終処方箋』(レスター・ブラウン著)、『地球温暖化との闘い』(ジェイムズ・ハンセン著)などがある。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品