最もシンプルな世界史のつかみ方 メソポタミア文明から現代まで――世界を動かす軸が見えてくる

最もシンプルな世界史のつかみ方 メソポタミア文明から現代まで――世界を動かす軸が見えてくる

なぜ「世界史」の教科書を何度読んでもわからないのか?
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2017年08月24日
世界史の教科書を何度読んでもスッキリと理解できないのはなぜなのか?
人名や国名、事件の名前、年号……。情報は溢れるほど詰め込まれているのに、それぞれが何を意味しているかわからない。
それは「“世界史の軸”がどこにあるかをつかんでいないから」です。

世界史はメソポタミアの昔から現代まで、一本の長い軸に貫かれています。
その軸に沿って流れを追っていけば、これまでバラバラに見えていた事件や人々が繋がり合い、ひとつの大きな物語が浮かび上がってきます。

ではその“世界史の軸”とは何なのか?
それは“覇権国家”です。
覇権国家とはその時代その時代に世界の大きなシステムを作ってきた超大国のこと。
この覇権国家の動きと、それに対する敵対国や周辺国の対応が世界史を形作り、時代を推し進めてきたのです。
本書ではその覇権国家の視点から世界史を再構成し、教科書よりも遥かにスッキリとわかりやすい内容にまとめました。
読み終えた時に、これまでの世界史の見え方がガラリと変わっていることに気づけるはずです。
  • ISBN コード : 9784046004703
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 188 × 16.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●祝田 秀全:東京都出身。歴史学・映像文化論専攻。大手予備校講師を経て、現在、新渡戸文化学園特任講師。著書に『歴史が面白くなる 東大のディープな世界史』シリーズ(KADOKAWA)、『銀の世界史』(筑摩書房)、『2時間でおさらいできる世界史』(大和書房)など多数。また学習参考書の著書に『センター試験 世界史B[古代・中世]の点数が面白いほどとれる問題集』、『センター試験 世界史B[近代・現代・テーマ史]の点数が面白いほどとれる問題集』(以上、KADOKAWA )や『センター試験のツボ 世界史B』(桐原書店)などがある。


送料無料
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品