暴力と富と資本主義 なぜ国家はグローバル化が進んでも消滅しないのか

暴力と富と資本主義 なぜ国家はグローバル化が進んでも消滅しないのか

暴力と資本主義をめぐる萱野哲学「国家論」の最新論考集!
著者: 萱野稔人
定価: 2,160円(税込み)
発売日:2016年03月25日
グローバリゼーションによって国家はそのうち消滅するだろう、と大まじめに議論されていた。しかし、国家について考察すればするほど、暴力を管理する方法として人類はいまだ国家以上のものをあみだしていない。 国家以上の方法をあみだすことができないのであれば、いくらグローバリゼーションが進んでも国家そのものが消滅することはない。 重要なのは、国家がたとえなくなっても戦争がなくなるわけでもなければ力による支配がなくなるわけでもない、ということだ。資本主義が行き詰まりを迎えるなか、グローバル化の進展で再定義される国家と市場の関係を、「暴力」と「富」の権利から考察する。
  • ISBN コード : 9784047318823
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 24.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●萱野稔人:1970年、愛知県生まれ。哲学者、津田塾大学教授。専門は哲学、社会理論。パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了。博士(哲学)。朝日新聞「未来への発想委員会」委員、朝日新聞、衆議院選挙制度に関する調査会委員などを務める。主な著書に『国家とはなにか』(以文社)、『暴力はいけないことだと誰もがいうけれど』(河出書房新社)、『新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか』(NHK生活新書)、『闘うための哲学書』(講談社現代新書、共著)など。


stok_
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品