光と影で見る近代建築

光と影で見る近代建築

建物の生み出す〈光と陰〉をよく見ること。新たな魅力を引き出す建築入門!
定価: 1,944円(税込み)
発売日:2015年06月23日
〈目次〉
序 古くて新しい建築の見かた
1.建築を〈光と影〉で見ることの意味
第1章 有名になりたい建築家たち
 奇抜な建築に溢れた現代
 現世的名声欲の誘惑
 少年時代の記憶──有名=高価という図式
 有名建築家をもてはやす社会
 ルネサンスにおける名声
 選んでもらうための〈個人様式〉
 〈個人様式〉の確立を急ぐことの虚しさ
 「わたしはカメレオン」──フィリップ・ジョンソンの宣言
 「澄ました表情で描かれた肖像画」の喩え
 有名になるのは「死後10年。もし幸運なら……」
 建築家の過剰な自己顕示を〈許さない〉
第2章 建築──実用に奉仕する芸術
 「有用であること」は醜悪?
 最後の実用主義者ニコラウス・ペヴスナーが考えたこと
 中世的〈作者不詳の美学〉
 ペヴスナーの〈建築家の自己顕示欲〉批判
 ペヴスナーのフランク・ロイド・ライト批判
 建築家の使命──実用性を鑑賞に堪え得るように形態化、空間化すること
第3章 実用主義を妨げてきた〈美の規範〉とその崩壊
 「完成された美」の理想
 実用性から乖離した建築造形の追求
 18世紀イギリス、パラーディオ主義の流行
 「美は形態に宿る」という幻想
 「完成された美」への疑念
 「真の美の性質を事物の内に追求することは無益」
 「二次性質」の論
 〈光と影〉で見るということ
第4章 建築家たちが見た〈光と影〉
 ウィリアム・チェンバーズの〈光と影〉
 ジェームズ・アダムが注目した建築の視覚的効果
 風景画家と建築家の着目点の類似
 ジョン・ヴァンブラ設計のブレナム宮
 ジェームズ・アダムがブレナム宮に見出した問題点
 ジェームズ・アダムのミケランジェロ批判
 メリハリのある〈光と影〉のコントラスト
 〈新しい建築美〉誕生の予感
 裕福な趣味人の美的改革
 建築を〈光と影〉で見るということ
2.建築を〈光と影〉で見る
第5章 〈光と影〉を要約的に切り取る
 〈光と影〉の要約
 〈光と影〉を生む造形要素──建築の美的感動の源泉
第6章 建築家は〈光と影〉で造形する
 1.建築物の全体の構成
 2.屋根の膨らみ
 3.水平方向への張り出し
 4.階段、スロープ
 5.壁面の前後の配置関係
 6.窓、開口部
 7.柱、列柱
 8.構造、躯体
 9.ディテール、装飾
終章 〈光と影〉と実用性の美
 実用的裏づけを持つ〈光と影〉の創出
 観照と実用性の問題
 幸福のための実用性
 アウシュヴィッツで考えたこと
 建築芸術の真髄──〈光と影〉と〈幸福のための実用性〉
あとがき
注釈
  • ISBN コード : 9784047035584
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 264ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 15.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●近藤 存志:1971年東京生まれ。筑波大学芸術専門学群卒業。英国エディンバラ大学大学院にて博士号取得。現在、フェリス女学院大学文学部教授。専門はイギリス芸術文化史、デザイン史。著書に『時代精神と建築』(知泉書館)、『現代教会建築の魅力』『キリストの肖像』(ともに教文館)、訳書にケネス・クラーク『ゴシック・リヴァイヴァル』(白水社)などがある。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品