ネット社会の「正義」とは何か 集合知と新しい民主主義

ネット社会の「正義」とは何か 集合知と新しい民主主義

私たちの「集合知」がつくりあげる、民主主義とITの未来像!
著者: 西垣 通
定価: 1,836円(税込み)
発売日:2014年09月22日
「専門的エリート」によって独占された政治を、いかにして私たちの手に取り戻すことができるのか? ネットワーク化が進む社会における集合知の可能性を問い直し「アマチュアの知」が生きる新たな民主主義像を描く。

〈目次〉
   はじめに
第一章 アマチュアとしての発言
1・1 
裁判員制度は是か非か
1・2専門知の制度疲労
1・3 アマチュアがつくる集合知

第二章 集合知を問い直す
2・1 正解がある場合
2・2 正解がない場合
2・3 一般意志2・0

第三章 正義とは何か
3・1 個人と共同体のコミュニケーション・システム
3・2 功利主義、自由主義、共同体主義

第四章 集合知民主主義の正義基準
4・1 共通善は基準になるか
4・2 集合知民主主義の統合モデル

第五章 単階層社会集団モデル
5・1 死刑廃止(具体例その一)
5・2 人体増強技術(具体例その二)
5・3 顧客信頼性調査(具体例その三)

第六章 多階層社会集団モデル
6・1 監視社会(具体例その四)
6・2 奨学金と奉仕活動(具体例その五)
6・3 教育の市場化(具体例その六)

第七章 ネット集合知でもとめる正義(結論)

   あとがき
  • ISBN コード : 9784047035454
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 16.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●西垣 通:1948年生まれ。東京経済大学コミュニケーション学部教授、東京大学名誉教授。東京大学工学部計数工学科卒業。工学博士。株式会社日立製作所、スタンフォード大学にてコンピュータシステムを研究したのち、明治大学教授、東京大学社会科学研究所教授、東京大学大学院情報学環教授などを経て現職。
stok_
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品