江戸の高利貸

江戸の高利貸

「札差」なくして、お江戸なし。粋や通の文化を生んだ金貸商人の実態とは。
著者: 北原 進
定価: 907円(税込み)
発売日:2017年07月25日
蔵米取の旗本・御家人1万数千人を相手に、俸禄米を対象とする高利貸金融をわずか百人ほどで独占した札差。金を貸した恩を利用し、返済不能にして証文を書き替えさせ、最後の月はひと月分二重取りまでして莫大な利益を得ていた。しかし、幕府の基盤を揺るがすこのシステムは永くは続かなかった。高利貸の成立と繁栄、武士の困窮と借金棒引きの歴史を丁寧に解説。粋や通の文化を生んだ札差から、知られざる江戸の姿を描き出す。

【目 次】
ニッポン高利貸資本論
 現代の高利貸
 江戸の高利貸

札差の登場
 蔵米取と札差
 蔵宿師VS対談方

十八大通
 幕府の札差援助
 御蔵前馬鹿物語
 堕落する旗本・御家人

棄捐令
 借金帳消しの画策
 棄捐令発布

文化・文政の繁栄と天保改革
 札差株の下落
 化政期の札差文化
 天保の札差改革

維新、そして滅亡
 蔵米取の消滅と札差業
 
江戸札差一覧

あとがき

『江戸の高利貸』を語る


  • ISBN コード : 9784044000714
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●北原 進:1934年東京生まれ。立正大学名誉教授。専門は近世民衆史。地方史研究協議会委員、東京都下の文化財保護委員、江戸東京博物館都市歴史研究室長などを務める。著書に『百万都市 江戸の生活』『百万都市 江戸の経済』(角川ソフィア文庫)など。


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品