9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学

9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学

勇気と努力、愛犬と音楽と仲間達。大江千里、47歳からのNYジャズ留学記
定価: 1,944円(税込み)
発売日:2015年04月17日
「これはまるで"のだめ"だ(笑)」――二ノ宮知子(漫画家)帯文より。

今までのキャリアをすべて捨て、47歳の時に愛犬と一緒にNYへ留学した大江千里。20代のクラスメイトに「ジャズができていない」と言われ、がむしゃらに練習すれば肩を壊し、自信喪失する日々。しかし、ジャズレジェンドの教授に触れ、同期の仲間たちに励まされ、憧れのスタンダート・ナンバーにまみれ、アメリカの広大な大地に立ち、亀のような歩みで、ジャズの、音楽の喜びを手に入れていく。ポップミュージシャンからジャズピアニストへ。勇気と努力と音楽と仲間たち。心揺さぶられる感動のリアルストーリー。【カドカワ・ミニッツブック】で24回連載したものをまとめたて単行本化。データ&インデックスつき。


目次
 9th Note
B♭ 憂鬱のはじまり。
E♭ 痛み分けはジャズの味
A♭ ジャズ学校の異邦人
D♭ ジャズに焦りは禁じ手か?
G♭ ジャズをひと休み。陽はまた昇る
B  秋学期よ、こんにちは
E  双子のフェニックス 
A  二ューヨークにいる亀
D  キンモクセイの咲く頃に 上 
G  キンモクセイの咲く頃に 下 
C  長いトンネルを抜けて
F  9番目の音に誘われて
 13th Note
B♭7 それは憂鬱などではなく…
E♭7 スモールワールドとモーニング息子。
A♭7 ホームタウンと20ドル
D♭7 サンドイッチとビバップ
G♭7 ハイジの国から来た男。
B7  6つの種から始まった
E7  リユニオン。大陸横断決行!
A7  帰り道はいつも寄り道。大陸横断・後編
D7  詩人たちの黄昏
G7  Stage Fright(舞台恐怖症)
C7  未来を箇条書きにしてみると
F7  宿題引き受け株式会社
データ&インデックス 
  • ISBN コード : 9784048120036
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 368ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 26.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●大江 千里:1960年9月6日、大阪生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー以来、日本の音楽シーンで不動の地位を固める一方、俳優としても数多くの映画やテレビドラマに出演。さらに、テレビ番組の司会、ラジオ番組のパーソナリティー、エッセイ執筆など幅広い分野で活躍。2008年、20代からの目標であったジャズ・ピアニストを目指し、日本でのキャリアを捨て、単身ニューヨークに移住。初心に戻り音楽をゼロから学ぶ傍ら、ビッグバンド「モーニング息子。」のピアニストとして実力を養う。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品