母になるのがおそろしい

母になるのがおそろしい

私に流れる母の血がおぞましくて怖い・・・。
定価: 1,080円(税込み)
発売日:2016年04月14日
男性依存症の母をもち、義父からのわいせつ行為、ネグレクトを受けて育った作者 渾身のノンフィクションコミックエッセイ。

男性依存症の母をもち、義父からのわいせつ行為、ネグレクトを受けて育った作者
渾身のノンフィクションコミックエッセイ。
30代になったカナンは結婚して家庭を持つが、出産する決心がつかない。それは無意識下で、自分も母のような母親になるような恐怖があるからだった・・・。
「母になるのがおそろしい」。そう気づいたカナンは、母親と自分は違う人格であることを確かめるために、これまでの半生を振り返るのだった。

機能不全家族で育った著者の実体験が、今リアルに苦しんでいる誰かの救いに
なれますように。苦しみながら描き、3年の月日を要した問題作、待望の書籍化です。
  • ISBN コード : 9784040683669
  • サイズ : A5判 総ページ数: 160ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 16.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
■ヤマダカナン
大阪府高槻市出身。
98年「山田可南」名義でデビュー。
代表作に
『澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。』(小学館)
『私の彼は仕事ができない』(徳間書店) など多数。
女性誌や青年誌など幅広く執筆。
今作が初のコミックエッセイとなる。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品