コンサルは会社の害毒である

コンサルは会社の害毒である

経営戦略を考えるのは「現場」である!コンサル不要論を元コンサルが放つ。
定価: 864円(税込み)
発売日:2015年11月10日
コンサルは道具。考えるのはあなた。
経営戦略は現場につくらせろ!

日本企業では、戦略は「現場の社員」が考え、実行しなければ意味がない。元コンサルにして事業調査業者である著者が、コンサル業界が産業として崩壊している現状を徹底的に告発する。コンサルの使う欧米の理論は日本にはまったく合っていないうえに、ツールそのものも時代遅れになっている。そう、コンサルは不要だ。会社を支えるのは、あなたの活躍しかないのだ。
「戦略」は、現場に活力を与えるためにこそ、ある。だからこそ、自社で、あなたがつくった方がうまくいくのである。

経営コンサルは、要らない。
○コンサルが結果を出せる「状況」は限定的。成熟企業の役には立たない。
○コンサルの分析技術は時代遅れのうえ、前提に欠陥がある。
○コンサルはあなたの成長を、企業の社員の成長を阻害する。
「何千万円も払って、こんなアウトプット?」と感じたすべての被害企業に捧げる。
  • ISBN コード : 9784040820521
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 248ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 10.9 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●中村 和己:1995年、東京工業大学を卒業後、新規事業の創造を求めて日本たばこ産業株式会社に入社。仙台たばこ工場にて原価削減調査に従事した後、バーガーキング・ジャパン立ち上げに参画し、尽力。2000年、大手外資コンサルティング会社に転職し、事業戦略に関するコンサルティングに従事。数多くの幅広い産業において大手企業の戦略立案に関与。03年、中村事業企画を設立。低予算で実施出来る高品質な戦略立案/ファクト分析サービスを独自に開発し、多数の大手企業/ベンチャー企業に提供している。
stok_
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品