108年の幸せな孤独 キューバ最後の日本人移民、島津三一郎

108年の幸せな孤独 キューバ最後の日本人移民、島津三一郎

時代に翻弄されながら、異国の地で懸命に生きた日本人が秘めていた思いとは
定価: 1,836円(税込み)
発売日:2017年01月25日
キューバ革命、冷戦、国交回復……カリブの小島に住む108歳の日本人移民。新潟県生まれの島津三一郎氏はスイカを育てて暮らしたが、一度も日本に帰国しなかった。なぜか。静かな感動に包まれるノンフィクション。
  • ISBN コード : 9784041038420
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 15.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●中野 健太:1978年、京都府生まれ。映像ジャーナリスト。ロンドン芸術大学の映像学科を卒業後、キューバの番組制作会社で映像を学び、帰国。ドキュメンタリー制作会社で数多くのドキュメント制作に携わる。現在は、フリーランスの映像ジャーナリストグループASIANEWSに所属し、京都文化社の代表として活動。テレビ朝日系「テレメンタリ―」(幸せの指標―世界が注目するキューバ医療―)、TBS系「情熱大陸」(石巻日日新聞)、テレビ東京系「ガイアの夜明け」(新幹線が拓く!新たな挑戦)などを制作。


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品