官能小説の奥義

官能小説の奥義

官能小説の醍醐味が味わえる決定版!
定価: 907円(税込み)
発売日:2016年04月23日
読者の性欲を刺激し、淫心をかき立ててきた官能小説。単純な行為をいかに濃密に淫靡に、いやらしく描くか――。先人たちは苦労して、読者の妄想を逞しくさせる官能用語を編み出した。「花弁」「小鳥の嘴」「マグロの赤身」「熱帯」……女性器の斬新な描写からは、表現へのフロンティア精神が感じられる。官能小説の文体確立までの歴史を追いつつ、独自の表現を磨き、鎬を削ってきた作家たちの豊潤で奥深い日本語の世界に迫る。
  • ISBN コード : 9784044000998
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●永田 守弘:1933年東京生まれ。官能小説を40年以上にわたり、年間300篇あまり読みこなし、新聞、雑誌などに紹介している第一人者。著書・編著に『官能小説用語表現辞典』(ちくま文庫)、『教養としての官能小説案内』 (ちくま新書) 、『日本の官能小説』(朝日新書)、『官能小説「絶頂」表現用語用例辞典』『官能の淫髄』シリーズ(河出i文庫)、『日本性愛小説大全』全3巻(徳間文庫)などがある。


送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品