妖女の誘惑 七楽署刑事課長・一ノ瀬和郎

妖女の誘惑 七楽署刑事課長・一ノ瀬和郎

発見された3つの白骨死体。美貌の女がカギを握る、怪事件の真相は!?
著者: 安達瑶
定価: 734円(税込み)
発売日:2016年09月24日
心霊スポットと噂される古民家を訪れた刑事課長の一ノ瀬は、取材に来ていた美人リポーターとともに、白骨死体を発見した。なぜか別の廃屋からも白骨が転がり出て、一ノ瀬は空気の読めないキャリア警視・榊原と再びコンビを組んで事件を追うことに。闇に葬られた美少女失踪事件や地元国会議員との関連が浮上し、なぜか議員妻からの濡れた視線がまとわりつくなか、一ノ瀬は真相に近づいていくが!? 官能警察小説シリーズ、第2弾!!
  • ISBN コード : 9784041044544
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 352ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 13.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●安達瑶:元映画助監督・脚本家の安達O(男)と活字中毒の安達B(女)の合作作家。1994年『令嬢姉妹 完全飼育』でデビュー以来、「SFからSMまで」をモットーに幅広いジャンルで作品を執筆。「悪漢刑事」シリーズは根強いファンを持つ人気シリーズとなる。他の著書に『友喰い 県警対自衛隊〈最高機密〉』『闇猫・冴子』『闇の狙撃手 悪漢刑事』『悪徳探偵』など。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品