ミャンマー権力闘争 アウンサンスーチー、新政権の攻防

ミャンマー権力闘争 アウンサンスーチー、新政権の攻防

東南アジア「最後のフロンティア」の最新情報をジャーナリストが追った!
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2017年02月02日
東南アジア「最後のフロンティア」、ミャンマー。
その実験を握る者は、いったいどういう人物なのか?
民主化、市場開放の行方は??

ミャンマー、ノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチーが実権を握る新政権が誕生した国。長きにわたる軍事政権からの転換により、
民主化だけでなく、東南アジア「最後のフロンティア」として経済の伸張にも目が注がれている。
軍事政権の度重なる弾圧に耐え続けたアウンサンスーチーの人気は、もはや宗教的な崇拝に近い。だが、外交関係者からは「頑固」との声も漏れる。
その力量は、まだベールに包まれている。
日本、英国、ミャンマーで彼女の知人や友人を訪ね、知られざる素顔に迫り、四半世紀に及ぶ国軍との「権力闘争」の行方を占う!!

一人の女性は、偶像(アイドル)を経て国家の頂点に立った。
新たな独裁者か、偉大な改革者か!?
元駐ミャンマー大使も称賛するジャーナリストの取材力で迫る!!

【目次】

序章 「英雄か、独裁者か」

第一章 「闘争の幕開け」

第二章 「日本軍が育てた英雄」

第三章 「英国とビルマの狭間で」

第四章 NLD結党秘話

第五章 自宅軟禁

第六章 解放

終章 最後の闘い

あとがき
  • ISBN コード : 9784041048320
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 228ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 13.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●藤川 大樹:東京新聞記者。1980年、静岡県静岡市生まれ。東京外国語大学外国語学部卒業。2004年、中日新聞入社。中日新聞東京本社(東京新聞)経済部、外報部などを経て、現在は社会部。共著に『朝鮮半島で迎えた敗戦−在留邦人がたどった苦難の軌跡』(大月書店)がある。
●大橋 洋一郎:東京新聞記者。1967年、愛知県半田市生まれ。京都大学法学部卒業。1992年、中日新聞入社。中日新聞東京本社(東京新聞)政治部、名古屋本社社会部、経済部などを経て、現在はバンコク支局。


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品