冤罪犯

冤罪犯

たとえ悲劇を招こうとも、真実を暴くのが刑事の役目だ。警察捜査小説の極点
著者: 翔田 寛
定価: 1,728円(税込み)
発売日:2017年08月31日
平成29年7月、千葉県船橋市の休耕地で、ブルーシートが掛けられた幼女の遺体が発見された。捜査に乗り出した船橋署の香山は、7年前に起きた<田宮事件>と遺体の状況が酷似していることに気づく。<田宮事件>では不可解な経緯から証拠が見つかり、犯人とされた男は冤罪を主張したまま刑務所内で自殺していた。やがて、捜査を進める香山の前で、ふたつの事件をつなぐ新たな証拠が見つかって――。
  • ISBN コード : 9784041058671
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 25.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●翔田 寛:1958年東京生まれ。2000年「影踏み鬼」で第22回小説推理新人賞を受賞し、デビュー。2008年『誘拐児』で第54回江戸川乱歩賞受賞。2014年「墓石の呼ぶ声」で第67回日本推理作家協会賞(短編部門)候補、2016年『真犯人』で第19回大藪春彦賞候補。他の著書に『築地ファントムホテル』『探偵工女 富岡製糸場の密室』など多数。
送料無料
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品