ケツジツ

「キレる私をやめたい!」ゲシュタルト療法ワークショップby田房永子&岡田法悦

ケツジツ 終了
「キレる私をやめたい!」ゲシュタルト療法ワークショップby田房永子&岡田法悦
「キレる私をやめたい!」ゲシュタルト療法ワークショップby田房永子&岡田法悦
成立件数10
現在の件数20
こちらのプロジェクトの募集は終了しました。

200%

販売価格10,000円(税込)
こちらの募集は終了しています
ケツジツ

「キレる私をやめたい!」ゲシュタルト療法ワークショップby田房永子&岡田法悦ワークショップ

田房永子さんはゲシュタルトセラピーで「キレる私」を卒業しました。ゲシュタルトは今の自分に変化を起こす不思議なセラピーです。

角川第1本社ビル 2階ホール

田房永子&岡田法悦

イベント開催日:12月7日(水)10:00〜17:00(受付開始9:30、途中1時間の昼食休憩あり)
※終了時間が若干前後する可能性があります。

当プロジェクトについて

ゲシュタルト・セラピーは、心のデトックスのようなもの。1950年代にアメリカで開発された心理カウンセリングの方法です。健康な人でも、自分のこういうクセを治したいとか、悩みを解消したい、人間関係を良くしたい、心を癒したい、もっと成長したいなど、自分に変化を起こしたい願望があるものです。そういう時に役に立つのがゲシュタルトセラピーです。


セミナー内容(予定)

午前の部 10:00〜13:00
● 田房・岡田対談。どうやって「キレる私」が治まったのか、ゲシュタルトセラピーの謎を解きます。
● エクササイズと簡単なワーク体験。知らない自分と出会ったり、今まで気づかなかったことに気づいたり、楽しみながらちょっと自分を見つめます。

昼食休憩 13:00〜14:00
昼食は各自、自由にとります(外に食べに行っても、何か買ってきて会場で食べてもOK)

午後の部 14:00〜17:00
● ワーク体験 希望者の方、数人に手をあげて頂き、この場で実際のワークを体験して頂きます。


↓ゲシュタルト療法の様子。「今・ここ」を純粋に体験する気づきの心理カウンセリングです

 

募集人数

10名〜20名様
※先着順となりますので、お早めにお申し込みください


日時

12月7日(水)10:00〜17:00(受付開始9:30、途中1時間の昼食休憩あり)
※終了時間が若干前後する可能性があります


注意事項

※当日の撮影はご遠慮ください。

※弊社サイト内ページ、ソーシャルメディア(ブログ、Twitter、Facebook)、著者ブログなどでご紹介させていただくことがございます。

※お申し込み後、マイページの「ケツジツ申し込み履歴」からお申し込み状況・プロジェクト詳細をご確認できます。迷惑メール対策などの原因でメールを受信できない方は、必ずプロジェクト詳細より最新情報をご確認ください。

※サービスの性質上、お申し込みのキャンセル、数量の変更はご対応致しかねます。プロジェクト内容をよく確認した上でお申し込みください。

※参加者全員がゲシュタルトセラピーを体験できるわけではありません。ご了承下さい。




『母がしんどい』
(KADOKAWA)田房永子著
 
『キレる私をやめたい〜夫をグーで殴る妻をやめるまで〜』
(竹書房)田房永子著
 
『実践“受容的な”ゲシュタルト・セラピー―カウンセリングを学ぶ人のために』
(ナカニシヤ出版)岡田法悦著

会場:飯田橋(東京)

角川第1本社ビル(角川本社ビル) 2階ホール
〒102-8177 東京都千代田区富士見1-12-11

>>Googleマップの表示はこちら

◆交通アクセス
JR 中央線・総武線「飯田橋駅」(西口)より徒歩6分
地下鉄 有楽町線・南北線・大江戸線「飯田橋駅」(B2a・B3出口)より徒歩7分
地下鉄 東西線「飯田橋駅」(A4出口)より徒歩8分
地下鉄 東西線・半蔵門線・新宿線「九段下駅」(1出口)より徒歩10分



プロフィール

田房永子(たぶさ えいこ)
漫画家・ノンフィクションライター 1978年東京都生まれ、2000年「マンガエフ」にて漫画家デビュー。 2012年『母がしんどい』(KADOKAWA)で「毒親」について言及し、発売直後から大反響を得る。 『キレる私をやめたい〜夫をグーで殴る妻をやめるまで〜』(竹書房)内で、ゲシュタルト療法を受けた時の エピソードを紹介している。
>>「母がしんどい」のご購入はこちら

岡田法悦(おかだ ほうえつ)
ゲシュタルト・セラピー 療法家 1972年中央大学理工学部中退、1987年ゲシュタルト・インスティテュート叶ン立。日本ゲシュタルト療法学会副理事長(2011/1〜2016/3)。 日本人が書いた初のゲシュタルト・セラピーのための本格的なテキスト 『実践“受容的な”ゲシュタルト・セラピー―カウンセリングを学ぶ人のために』(ナカニシヤ出版)を刊行。 1986年の故ポーラ・バトム博士との出会い以来、一貫してゲシュタルト・セラピーの日本における普及活動に取り組む。

トップページに戻る

PAGETOP