ケツジツ

出口塾――『貞観政要』を読む会

ケツジツ 終了
出口塾――『貞観政要』を読む会
出口塾――『貞観政要』を読む会
目標件数18
現在の件数26
こちらのプロジェクトの募集は終了しました。

144%

販売価格45,000円(税込)
こちらの募集は終了しています
ケツジツ

出口塾――『貞観政要』を読む会著者セミナー・イベント

「座右の書『貞観政要』」の著者出口治明氏とともに中国古典『貞観政要』を寺子屋形式で輪読し、議論します。全5回開催。また、各回講座終了後には1時間程度の懇親会を開催。費用にはお弁当、懇親会費を含みます。

角川第1本社ビル 2階ホール

出口治明

イベント開催日:第1回 3月8日(水)19:00〜21:00(受付開始18:30)
以下、第2回5/10、第3回7/12、第4回9/13、第5回11/8(予定)
※終了時間が若干前後する可能性があります。
※懇親会は近隣別会場にて21:15〜22:00頃を予定

当プロジェクトについて

"古典"を通じて、 思考力を鍛えながら「人間学の極み」を学ぶセミナーです。

"古典"は長きに渡り淘汰され生き残った良書の証。 そこには時代を超えた本質が詰め込まれています。

とは言っても、古典には取っ付き難い印象がありますが、 無類の読書家として知られ、かつ「座右の書『貞観政要』」の著者であるライフネット生命会長の出口治明氏を迎え、 出口氏の指南の下に、少人数の仲間と出口氏推薦の古典を精読し、ディスカッションしたいと思います。

*事前に各自テキストとして『貞観政要 上・下』(明治書院)を購入、指定範囲を精読していただく必要があります。

*副読本として、『座右の書「貞観政要」』があります。

*お申し込み時に会社員の方は会社名をご記入下さい。
※著者のご希望により、同一の会社から複数お申し込みがあった場合は調整のご連絡をさせていただくことがあります。


セミナー内容(予定)

Part1
『貞観政要』 輪読と議論(約2時間)

Part2
懇親会(約1時間)


募集人数

18〜30名様
※先着順となりますので、お早めにお申し込みください


日時

第1回 3月8日(水)19:00〜21:00(受付開始18:30)
以下、第2回5/10、第3回7/12、第4回9/13、第5回11/8(予定)
※終了時間が若干前後する可能性があります。
※懇親会は近隣別会場にて21:15〜22:00頃を予定


注意事項

※当日の撮影はご遠慮ください。

※弊社サイト内ページ、ソーシャルメディア(ブログ、Twitter、Facebook)、著者ブログなどでご紹介させていただくことがございます。

※お申し込み後、マイページの「ケツジツ申し込み履歴」からお申し込み状況・プロジェクト詳細をご確認できます。迷惑メール対策などの原因でメールを受信できない方は、必ずプロジェクト詳細より最新情報をご確認ください。

※サービスの性質上、お申し込みのキャンセル、数量の変更はご対応致しかねます。プロジェクト内容をよく確認した上でお申し込みください。


関連情報

>>著者ツイッター

会場:飯田橋(東京)

角川第1本社ビル(角川本社ビル) 2階ホール
〒102-8177 東京都千代田区富士見1-12-11

>>Googleマップの表示はこちら

◆交通アクセス JR 中央線・総武線「飯田橋駅」(西口)より徒歩3分
地下鉄 有楽町線・南北線・大江戸線「飯田橋駅」(B2a・B3出口)より徒歩4分
地下鉄 東西線・半蔵門線「九段下駅」(1出口)より徒歩7分
地下鉄 都営新宿線「九段下駅」(1出口)より徒歩7分



プロフィール

出口治明(でぐち はるあき)
1948年、三重県生まれ。ライフネット生命保険会長。
京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員会委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て同社を退職。その後、東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師などを務める。2006年にネットライフ企画株式会社設立(のちのライフネット生命保険株式会社)、代表取締役社長に就任。ライフネット生命保険を2008年5月に開業し、2012年3月15日に東証マザーズに上場。2013年6月より現職。
著書に『部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書』『本の「使い方」』(以上、KADOKAWA)のほか、『生命保険入門 新版』(岩波書店)『「全世界史」講義T・U』(新潮社)などがある。
>>「座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」」のご購入はこちら
>>「図解 部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書」のご購入はこちら
>>「本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法」のご購入はこちら
>>「部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない」のご購入はこちら

トップページに戻る

PAGETOP