NATIONAL GEOGRAPHIC

地球上の「冒険」と「発見」を支え、全世界に伝えてきたナショナル ジオグラフィック協会。「地理知識の普及と増進」を目的に、1888年1月、初代会長を務めたガーディナー・グリーン・ハバードや電話を発明した科学者グラハム・ベルなど有識者33名によって設立された世界有数の非営利団体です。同年10月、会員誌「ナショナル ジオグラフィック」創刊 (ナショナル ジオグラフィック日本版は1995年創刊)。そして1905年、2代目会長のベルが抜擢した編集者ギルバート・H・グロブナーにより最初の写真ストーリーが誕生しました。現在では、「地球と人をより広く、より深く知りたい」という一般の人から著名な探検家、科学者や政治、経済、芸術など各界のリーダーまで世界180ヵ国 850万人の知的好奇心を満足させるビジュアル雑誌へと成長しました。“ブライトリー・イエロー”(輝く黄色)と呼ばれるこの黄色い縁取りの雑誌は、米国では教養のある家庭のシンボルとして広く読まれ、親子や夫婦の会話の素材として、高い人気と信頼を得ています。