カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

カラヴァッジョへの旅 天才画家の光と闇

1,870円(税込)
発売日2007年09月25日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784047034167
  • サイズ :四六判    総ページ数: 276
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 17.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

西洋美術に最大の革新をもたらした、殺人者にして天才画家の生涯と芸術。

レンブラント、ベラスケス、フェルメールら一七世紀のほとんどすべての芸術家に大きな影響を与えた巨匠、カラヴァッジョ。殺人を犯し、逃亡の末に果てた破滅の生涯と、革新的なバロック美術の傑作を読み解く。

〈目次〉
   はじめに

〈革新への道〉
  1 原風景
  2 ローマでの貧困
  3 公的デビュー

〈円熟と犯罪〉
  4 宗教画の革新
  5 ローマでの円熟期
  6 殺人

〈流謫の日々〉
  7 最初の逃亡
  8 マルタの騎士
  9 シチリア放浪
  10 流浪の果て
  終章 カラヴァッジョの生と芸術

  カラヴァッジョ文献案内

  あとがき

著訳者プロフィール

●宮下 規久朗:1963年生。神戸大学文学部准教授。著書に、『カラヴァッジョ―聖性とヴィジョン』名古屋大学出版会(第27回サントリー学芸賞受賞)、『バロック美術の成立』山川出版社、『食べる西洋美術史』光文社新書、『カラヴァッジョ』小学館などがある。