立正大学文学部学術叢書06 絶対知の境位 フィヒテ知識学読解への誘い

立正大学文学部学術叢書06 絶対知の境位 フィヒテ知識学読解への誘い

ドイツ観念論のフィフテの「知識学」を、読解の現場から明解によみとく。
定価: 3,850円(税込み)
発売日:2020年03月25日
ドイツ観念論の驍将フィヒテ「知識学」の難解さは、その理解を妨げてきた。絶対知(最高の段階にある哲学的な知識)の境位(位置づけ)について、テクスト読解の現場を呈示し、独自の観点から解説する。
  • ISBN コード : 9784048765077
  • サイズ : A5判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 20.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●湯浅 正彦:1956年生まれ。立正大学文学部教授・博士(文学)。西洋近現代哲学。18世紀の哲学者フィヒテの難解なテクスト研究に長年にわたって専心し、周到かつ徹底的な読解を達成した。
著書に『存在と自我 : カント超越論的哲学からのメッセージ』(勁草書房 、2003年)、『超越論的自我論の系譜 : カント・フィヒテから心の哲学・ヘンリッヒへ』(晃洋書房、2009年)、『存在の意味への探求』(秋山書店、2011年)ほか多数。

数量

ほしいものリストに追加
最近チェックした商品