カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

かんかん橋を渡ったら

イラスト: 加藤 美紀
1,980円(税込)
発売日2013年03月25日
在庫がありません
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041103579
  • サイズ :四六判    総ページ数: 576
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

あさのあつこが贈る、あたたかい涙と最高の応援ストーリーズ!

寂れた温泉町・津雲へと続くかんかん橋。菊ばあちゃんの嫁入り、出征、食堂『ののや』の真子達親子の別れ、多くを見送った今、町を容赦ない不況が襲う。それでも生き抜く女たちの、母なる強さと温かい涙の物語。

著訳者プロフィール

●あさの あつこ:1954年岡山県生まれ。『バッテリー』で野間児童文芸賞、「バッテリー」シリーズで小学館児童出版文化賞受賞。主な著作に「NO.6」シリーズ(講談社)、「晩夏のプレイボール」など多数。