カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

アベノミクスの不都合な真実 インフレ救国論の罠、デフレ悪玉論の嘘

1,404円(税込)
発売日2013年07月11日
在庫がありません
電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041105085
  • サイズ :四六判    総ページ数: 192
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

アベノミクスは国民の生活を貧しくする! インフレ待望論の正体を暴く。

米国ではインフレで6人に1人が貧困層に転落。日本も同じ道をたどるのか?
リフレ派の机上の空論に騙されるな! インフレで90%の国民は不幸になる!
良識派エコノミストがアベノミクスに警鐘を鳴らし、真の日本再生のための打開策を提案する。

目次

●アメリカはインフレで国民が貧しくなった
●インフレで潤うのはひとにぎりの富裕層だけ 
●ノーベル経済学賞が「トンデモ政策」にお墨付きを与えている
●日本の経済は円安に弱い時代になっている 
●100円台の円安が続くと、国債暴落が現実味を帯びてくる 
●日本が経常赤字になる日が一番危ない