美しい日本の私

美しい日本の私

川端のノーベル賞受賞記念講演を軸に、日本文化について述べた随筆を厳選!
定価: 778円(税込み)
発売日:2015年04月25日
川端のノーベル賞受賞記念講演を軸に、日本文化について述べた随筆を厳選!

ノーベル賞授賞式に羽織袴で登場した川端康成は、古典文学や芸術を紹介しながら日本の死生観を述べ、聴衆の深い感銘を誘った。その表題作を中心に、今、日本をとらえなおすための傑作随筆を厳選収録。

【目次】
●美へのまなざし
花は眠らない
美について
美しい日本の私
秋の野に
女人なれども
夕日野
ほろびぬ美
美の発見と存在
日本文学の美
日本美の展開
鳶の舞う西空

●戦争を経て
同人雑記
平和を守るために
私の考え
東西文化の架橋

●日本文化を想う
末期の眼
純粋の声
紫外線雑言
日本の母
「日本の母」を訪ねて
哀愁
思い出すともなく
水晶の数珠など


付録
Japan the Beautiful and Myself(美しい日本の私) エドワード・G・サイデンステッカー訳

解説 大久保喬樹
  • ISBN コード : 9784044094812
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●川端 康成:1989年生まれ。1920年東京帝国大学文学部英文学科に入学(のち、国文学科に転科)。1921年第六次『新思潮』を創刊。『伊豆の踊子』や『雪国』などの作品を残す。1961年文化勲章受章。1962年『眠れる美女』で毎日出版文化賞受賞。1968年10月、日本人初となるノーベル文学賞受賞が決定する。1972年没。
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品