日英同盟 同盟の選択と国家の盛衰

日英同盟 同盟の選択と国家の盛衰

同盟外交の歴史から日本の針路を探る!
定価: 950円(税込み)
発売日:2015年08月25日
明治維新後の日本が列強入りをした日英同盟、破滅に追まれたドイツとの連盟。軍事外交史研究の泰斗が、日本の命運を決めた歴史的な選択を再検証。同盟国選定の要件と政策の意義から、近代外交の要諦を探る。
  • ISBN コード : 9784044092238
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●平間 洋一:1933年、横須賀市生まれ。防衛大学校卒、法学博士(慶應義塾大学)。護衛艦ちとせ艦長、第31護衛隊司令などを歴任し、1988年に退官。防衛大学校教授を経て1999年に退官。著書に『第一次世界大戦と日本海軍』(慶應義塾大学出版会)、『日露戦争が変えた世界史』(芙蓉書房出版)、『第二次世界大戦と日独伊三国同盟』『イズムから見た日本の戦争』(錦正社)、共編著に『日英交流史1600−2000〈3〉軍事』(東京大学出版会)など多数。軍事史学会顧問、太平洋学会理事、戦略研究学会理事、呉市海事歴史科学館諮問委員長。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品