カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

境界探偵モンストルム

イラスト: 晩杯あきら
770円(税込)
発売日2016年03月15日
在庫がありません
電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784042560005
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 320
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 148 × 14.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

境界。異形。謎。探偵。吸血鬼。異界。闇。人狼。異種。――クズ。

境界――異界、狭間の空間、異種が棲まう場所。
それは、現界――こちら側とは違う場所。

探偵・狭間ナルキヤには友がいる。
元警官、教授、ゲーマー、組の若頭、その子分、自称・愛の伝道師、風俗マエストロ、人気高級風俗嬢、インド人ナンパ師、釣り名人、淫魔、半吸血鬼。
総じてクズで、総じて最高なヤツらだ――。

狭間探偵事務所を、ある日一人の客が訪れる。
彼女の依頼は男とともに消えた妹の捜索。いわゆる人捜し。――だが。
新興暴力団や民警による拉致・監禁・暴行。不法移民。人身売買の国際組織。そして――“異種”の痕跡。

「きみの妹さんは人間か?」

事件は“彼ら”に纏わる様相を帯び、物語は加速をはじめる――。