とんでもなくおもしろい仕事に役立つ数学

とんでもなくおもしろい仕事に役立つ数学

モノづくりの現場にもっと数学を!
定価: 864円(税込み)
発売日:2016年04月23日
数学を使ったら特許も取れた! 

企業との共同研究では、ブレイクスルーを起こす数学の威力を目の当たりにすることばかり。テイラー展開で商品開発したり、微分で効率化を図ったり、フィボナッチ数列で将来を予測したり……。むずかしそうな企業や細かい計算がイヤで数学から遠ざかるなんてもったいない! 
「渋滞学」で有名な東大教授が、めんどうなルールや複雑な数式にとらわれない、心躍る数学講義を始めます。
  • ISBN コード : 9784044001384
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●西成 活裕:1967年、東京都生まれ。東京大学先端科学技術研究センター教授。東京大学工学部卒業、同大大学院工学研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。その後、ドイツのケルン大学理論物理学研究所などを経て現在に至る。専門は数理物理学、渋滞学。著書の『渋滞学』(新潮選書)で講談社科学出版賞などを受賞。ほかに『誤解学』『無駄学』『とんでもなく面白い 仕事に役立つ数学』など多数。

はじめに

シーズン1
第1章 最適化・効率化(微分方程式)
第1時限 新入社員が部長を撃退!ってことも可能な数学
第2時限 経験やカンで出した答えは全体最適…ではないかもしれない
第3時限 効率化の切り札 微分は「傾きのこと」なのです

第2章 未来を予測する(微分方程式)
第4時限 未来が見える「水晶玉」 面倒な計算はコンピュータに任せる
第5時限 式のイメージを持てば人生だって数式で表せる
第6時限 科学者を悩ませるカオスの謎をかんたんな図で理解する

第3章 熱と恋(フーリエ変換)
第7時限 複雑な変動でも予測できる最強の秘密兵器を教えます
第8時限 愛( i )のある「仏の目」なら未来が簡単に見通せる
第9時限 愛( i )が消えたら絶対零度へ 熱の現象を肌感覚で理解する

第4章 大局観を手に入れる(固有値)
第10時限 恋愛の達人になれるかもしれない「eigen value」の魅力
第11時限 「ダ・ヴィンチ・コード」に登場するフィボナッチ数列の固有値を暴け
第12時限 どうして一休さんは指1本で釣鐘を動かせるの?
第13時限 良い状態、悪い状態 景気の浮き沈みを何が支配するのか

特別講義 危機を乗り越える(ゲーム理論)
第14時限 夏の電力不足をどう乗り切るか

シーズン2
第5章 仕事で使える幾何(曲率)
第15時限 工学部でもきちんと習わないカッパーくんの正体とは
第16時限 モノの壊れやすい場所を言い当てるカッパーくん
第17時限 新商品開発に生かせる幾何弾丸ツアーで曲率を極める

第6章 仕事で使える代数(回転)
第18時限 実社会にたくさんある「回るもの」…回転を緻密に表現してみよう
第19時限 西成教授も愛した「神さまの公式」とは
第20時限 四次元を知ろう! ロボットや人工衛星の制御のために

第7章 仕事で使える解析(テイラー展開)
第21時限 テイラー展開はイメージで攻略
第22時限 コブタさんの家に突風が吹いたらどこまで耐えられる?

第8章 仕事で使える非線形(振動と波)
第23時限 「現実」を精密に表す非線形は日本人の思考に合っている
第24時限 非線形の波が車渋滞の謎を解いた

おわりに


送料無料

数量

ほしいものリストに追加

同じ著者の別の作品を見る

最近チェックした商品