戦術としての監督

戦術としての監督

愛するクラブを持つ、すべての者に贈る。
著者: カルロ・アンチェロッティ
翻訳: 豊福 晋
定価: 1,980円(税込み)
発売日:2018年09月21日
レッジャーナ、パルマ、ユベントス、ACミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘン、ナポリ……。特徴づけられる代名詞的な戦術を持ち合わせないにもかかわらず、実に多くのビッグクラブを率いてきたカルロ・アンチェロッティ。彼は、カリスマたる「前任者」によって、疲れ果てた数々のチームを甦らせてきた。「選手こそが戦術」と話す、その哲学と具体的手法。


いい人間かどうかは練習場のピッチの上でわかる。カルロはそこでベストの一人である――クリスティアーノ・ロナウド

僕はこれほどの人間関係を監督との間に築き上げたことはなかった――ズラタン・イブラヒモビッチ

カルロは人にやる気を起こさせる達人である――アドリアーノ・ガリアーニ(元ACミランの副社長兼CEO)

在籍時の影響がどれほど大きかったかを誰もが認識するのは、彼のように偉大な監督がクラブを去る時のみである――デビッド・ベッカム

彼は私にとって最高の人である――ジョン・テリー

信じられないほど素晴らしい人間性を持つ人だ――ロベルト・マルティネス

私は彼がマンチェスター・ユナイテッドに来てくれることを期待していたが、それはかなわなかった。おそらく別の機会にそうなることを望む――アレックス・ファーガソン


(共著者)
クリス・ブラディ Chris Brady
英国サルフォード大学経営学教授兼スポーツビジネスセンターディレクター。著作に『The 90-Minute Manager』など。

マイク・フォード Mike Forde
チェルシーFCにてエグゼクティブボードメンバーを務めた。現在は米国プロスポーツのNFL、NBA、MLBの複数チームとコンサルタント契約を交わして活動している。
  • ISBN コード : 9784041051627
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 320ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 16.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●カルロ・アンチェロッティ:1959年イタリア生まれ。下部リーグの弱小クラブだったパルマFCで選手としてのキャリアをスタート。ローマ、ACミランで活躍、イタリア代表としてもW杯に出場し、92年に現役引退。95年セリエBACレッジャーナ1919を皮切りに、パルマ、ユヴェントス、ACミランの監督を歴任。09年チェルシーの監督に就任すると、クラブ4シーズンぶりの優勝をもたらした。その後、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリードと世界的ビッグクラブを立て続けに率い、16-17シーズンからバイエルン・ミュンヘンの指揮を取ることが決まっている。

はじめに
序論
Part1 リーダーシップ・アーク――経験
Part2 本業――文化、階級、人材、仕事場、責任、プロダクト、データ
Part3 始動するための学習――成長、価値
結論
静かなるリーダーシップ:結果
謝辞

選手の語るカルロ――クリスティアーノ・ロナウド
選手の語るカルロ――ズラタン・イブラヒモビッチ
上司の語るカルロ――アドリアーノ・ガリアーニ
選手の語るカルロ――デビッド・ベッカム
選手の語るカルロ――ジョン・テリー
補佐の語るカルロ――ポール・クレメント
対戦相手の語るカルロ――サー・アレックス・ファーガソン
対戦相手の語るカルロ――ロベルト・マルティネス
選手の語るカルロ――パオロ・マルディーニ
選手の語るアルロ――アレッサンドロ・ネスタ



数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品