カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

外資系コンサルはなぜ、あえて「手書きノート」を使うのか?

1,540円(税込)
発売日2018年10月12日
在庫がありません
電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046020413
  • サイズ :四六判    総ページ数: 224
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 13.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

シリーズ累計50万部突破『東大ノート』の著者が門外不出のスキルに迫る!

◎ IBM、アクセンチュア、マイクロソフト…超一流たちのノートの実物を全公開!

◎ 結果を出し続ける外資系コンサル10人のノート術がこれ一冊でわかる!

◎ カラー写真で一目でわかる!から、読まなくても、今日から真似できる!

なんでもパソコンで作業しているイメージのある外資系。
しかし、多くのコンサルタントたちは手書きでアイデアを膨らませたり、頭の中を整理したりするという。
なぜ、今の時代にあえて手書きなのか?
ビジネスの最前線で結果を出し続ける人々に取材し、
ノートの書き方、考え方を紹介する。

著訳者プロフィール

●太田 あや:1999年日本女子大学文学部卒業。2002年一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了後、株式会社ベネッセコーポレーションに入社。進研ゼミの編集を担当する。2006年に退社し、フリーライターに転身。以後は教育分野を中心に執筆活動を行っている。
『東大合格生のノートは必ず美しい』(文藝春秋)は50万部突破のベストセラーに。コクヨグループのコクヨS&T株式会社と株式会社文藝春秋と共同で、東大合格生が使用したノートの研究に基づく「ドット入り罫線シリーズ」ノートを開発し、発売した。