大工一代

大工一代

映画化もされた伝説の名工が波瀾の人生と職人魂を語る一代記、初の文庫化!
定価: 950円(税込み)
発売日:2018年01月25日
「こういう生き方もあったという事を、老人はもう一度思出し、青年ははじめて知ってもらいたい」――福田恆存(本書「序」より)

大阪に平田ありと言われた名工、平田雅哉。吉兆、つるや旅館、大観荘、朝香宮邸茶席など手がけた名建築は数知れず。「建築は風呂敷には包まれん。出来上がりが気に入らんからと言って、引っさげて持って帰るわけにはいかん」が口ぐせで、腕の良さもあくの強さも天下一品。己の経験と勘のみ信じる職人魂と波瀾の人生は、福田恆存や今東光らをも魅了した。
森繁久弥主演で映画化された大棟梁の心得帖、初の文庫化!

序文・福田恆存
解説・塩野米松



  • ISBN コード : 9784044003807
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 352ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 13.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●平田 雅哉:1900年大阪・堺生まれ。吉兆や錦戸などの料亭、つるや、大観荘、西村屋などの旅館、朝香宮邸茶席などを手がけ、数寄屋建築の名工としてその名を馳せた。藤原新三郎の下で修業し、後に事実上の後継者となる。また大工技術を生かした彫り物技術や製図技術に堪能で、その作品も数多く残している。「大阪手帖」に連載後、1961年に書籍化された本書は評判を呼び、映画化された(「大工太平記」東宝、1965)。作品集に『数寄屋造り 平田雅哉作品集』『数寄屋建築』『床の間図集』などがある。1980年没。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品