津軽

津軽

宿命の生地・津軽への思いを素直に綴った、著者中期の傑作名紀行文
著者: 太宰 治
定価: 572円(税込み)
発売日:2018年06月15日
昭和19年、風土記の執筆を依頼された太宰は三週間にわたって津軽半島を一周した。自己を見つめ、宿命の生地への思いを素直に綴り上げた紀行文であり、著者最高傑作とも言われる感動の一冊。
  • ISBN コード : 9784041067949
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●太宰 治:1909年(明治42年)、青森県金木村(現五所川原市)生まれ。本名、津島修治。東大仏文科在学中に非合法運動に従事し、やがて本格的な執筆活動へ。35年、「逆行」で第1回芥川賞の次席となり、翌年には処女作品集『晩年』を刊行。以後「走れメロス」「斜陽」など多数。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品