鹿の王 2

鹿の王 2

伝説の病「黒狼熱」がひろがるな、ユナがさらわれてしまい!?
作: 上橋 菜穂子
絵: HACCAN
定価: 778円(税込み)
発売日:2019年02月15日
アカファ王と王幡候のもとで行われた鷹狩りの場に、
ふしぎな黒い犬があらわれ、人々をおそってきた。
かまれた人たちは、古オタワル王国を滅ぼしたという
伝説の病「黒狼熱(ミッツアル)」にかかってしまう。
ホッサルは治療のため、薬を注射しようとするが
東乎瑠(ツオル)の人々は、それをいやがっていて!?
一方、〈濡れ羽〉を持つ使者のことばに従い、
〈ヨミダの森〉にむかったヴァンだったが、
そこでユナがさらわれてしまって!?

本屋大賞を受賞した名作、第二弾!
  • ISBN コード : 9784046318343
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 320ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 112 × 173 × 18.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●上橋 菜穂子:作家、川村学園女子大学特任教授。1989年『精霊の木』でデビュー。著書に野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞した『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、野間児童文芸賞を受賞した『狐笛のかなた』、「獣の奏者」シリーズなどがある。海外での評価も高く、2009年に英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞。14年には「小さなノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞〈作家賞〉を受賞。2015年『鹿の王』で本屋大賞、第四回日本医療小説大賞を受賞。
●HACCAN:北海道出身のイラストレーター。主な作品に、青い鳥文庫『赤毛のアン』シリーズ、ポプラ『名探偵神津恭介』シリーズ、竹書房『アモス・ダラゴン』シリーズなど。KADOKAWA『サーティーナイン・クルーズ』シリーズでは、世界的なベストセラー作家のリック・リオーダン氏と米大手出版社スコラスティック社より絶賛され、国際ブックフェアでも大きく取り上げられた。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品