骸龍興亡記 人食い龍と聖女の降臨

骸龍興亡記 人食い龍と聖女の降臨

血と宿命と龍に翻弄される若き英雄を描く、胸アツの王道ファンタジー戦記!
著者: 安彦 薫
イラスト: クレタ
定価: 680円(税込み)
発売日:2019年03月09日
 かつて世界に蔓延った龍。彼らはやがて滅び、人の時代が来た。人は龍の骸を巨大な鎧とし、戦争をした。龍骸甲……ドラグレイスギアとも呼ばれ、幾千の兵にも勝るその兵器を「鎧う」ことは、騎士の誉れであった。
 ――だが、人々は知らなかった。龍たちは骸と化してなお、恐るべき野望を抱いていたのだ。突如として現れた謎の黒い龍と、人の王の崩御。世界はかつてない混乱の渦中に堕ちる。
 龍の“声”を感じる力を持った若き騎士・リセル。龍の獰猛な意志が、人の権力者たちの闘争が、平穏だった彼の日々を今、食らい尽くそうとしていた――。
 龍と人の陰謀うごめく、王道ファンタジー戦記、登場!
  • ISBN コード : 9784049120943
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 328ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 15.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●安彦 薫:「機械じかけの竜」シリーズ(電撃文庫)、「鉄バカ日記」「シバキヨ!」(メディアワークス文庫)などを刊行。
●クレタ:ソーシャルゲーム、アーケードTCG、ライトノベルの挿絵など幅広く活躍するイラストレーター。代表作に「竜は神代の導標となるか」(電撃文庫)など
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品