本業転換――既存事業に縛られた会社に未来はあるか

本業転換――既存事業に縛られた会社に未来はあるか

「今のまま」で、あなたの会社は生き残れるか
定価: 1,650円(税込み)
発売日:2019年07月19日
あらゆる業種・業界に、“本業喪失”の可能性がある時代。
企業は、どのような経営戦略を考える必要があるのだろうか。
  *  *  *
欧米であれば、IBMのように大胆な事業売却やM&Aで事業構造を変えた例は少なくない。
しかし日本では、そうした事業の組み換えは容易ではない。
そんな日本にも「本業を変えることで、生き残った企業」がある。

たとえば、写真フィルムが事実上消滅した富士フイルムは、「いつ」「何」をどう決断したのか。
紡績を担っていた日清紡が、なぜブレーキやエレクトロニクスの会社に転身できたのか。

本書では、難しいとされる本業転換を行ってきた企業と、
同じ業種に位置しながら、転換がうまくできずに倒産・解体されてしまった企業の
戦略の違いを探ることによって、本業転換を成功させるポイントを探っていく。

本文で取り上げる主な企業は、

1 富士フイルムホールディングス vs. イーストマン・コダック
2 ブラザー工業 vs. シルバー精工
3 日清紡ホールディングス vs. カネボウ
4 JVCケンウッド vs. 山水電気

の4ペア。
実際の企業事例をベースに、「本業」というキーワードを通して、
これからの企業のあり方・あるべき姿をも問い直す一冊。
  • ISBN コード : 9784046041937
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 15.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●山田 英夫:1955年東京都生まれ。早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。三菱総合研究所にて大企業の新事業開発のコンサルティングに従事。1989年早稲田大学に転じ、現職。専門は競争戦略論、ビジネスモデル。博士(学術、早稲田大学)。ふくおかフィナンシャルグループ、サントリーホールディングスの社外監査役。
●手嶋 友希:1980年東京都生まれ。大学卒業後、大手金融会社に勤務。企業派遣生として、2019年3月早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)修了(MBA)。現在、企業営業向けの企画立案等を行う業務に従事。

第1章 転換して生き残る企業、転換せずに終わる企業
1 本書の狙い――本業が衰退しても生き残る会社の共通点は
2 本業転換の難しさ――第1歩を遅らせる5つの理由
3 そもそも「本業」とは何なのか
4 「成熟・衰退→多角化→転換」の先行研究
5 事例企業の選定

第2章 “本業転換”のストーリー――事例研究
1 富士フイルムホールディングス vs. イーストマン・コダック
2 ブラザー工業 vs. シルバー精工
3 日清紡ホールディングス vs. カネボウ
4 JVCケンウッド vs. 山水電気

第3章 本業転換のポイント
1 存続企業に共通していること
2 衰退企業から学べること
3 本業転換の「2つの視点」
4 ケースから読み解く「経営上の示唆」
5 たゆまぬ本業転換


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品