廣瀬直人全句集

廣瀬直人全句集

〈正月の雪真清水の中に落つ〉〈空が一枚桃の花桃の花〉
定価: 11,000円(税込み)
発売日:2020年03月02日
「直人さん自身の作品には真竹のいろがある。それも真冬の、みずみずしく直立群生した趣があるように思う」――飯田龍太(第一句集『帰路』「真竹のいろ」より)

第一句集『帰路』
第二句集『日の鳥』
第三句集『朝の川』
第四句集『遍路』
第五句集『矢竹』
第六句集『風の空』
『風の空』以後

俳論・随筆
飯田蛇笏論・飯田龍太論・福田甲子雄論・普羅と水巴・自句自解・「白露」創刊の辞・編集後記ほか


付録
著書解題・略年譜・初句索引・季語索引
  • ISBN コード : 9784048842587
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 738ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 52.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●廣瀬 直人:昭和4年、山梨県生れ。東京高等師範学校在学中より句作、飯田蛇笏・龍太に師事。37年より「雲母」終刊の平成4年まで同誌の編集に従事。翌5年「白露」を創刊主宰。句集に『帰路』『朝の川』『矢竹』、著作に『飯田龍太の俳句』『俳句実作入門』など。20年、『風の空』で蛇笏賞、小野市詩歌文学賞受賞。26年6月号、「白露」終刊。30年3月1日、逝去。

数量

ほしいものリストに追加
最近チェックした商品