義母ダンジョンにハマっています。

義母ダンジョンにハマっています。

義母からの出産祝いがビーフジャーキー2個だった件。みんな強く生きような
著者: 秋山
定価: 1,320円(税込み)
発売日:2019年04月25日
料理家であり、息子二人の嫁たちと大の仲良しの
平野レミさんもびっくり! 
「嫁は嫁、私(義母)は私。
互いに干渉しなければ、うちみたいに円満よ〜!」


義母とのやり取りを140字で綴り、
「腹抱えて、死ぬほど笑いました」
「いつでも加勢するぞー」
「いいね、100回押してもいいですか」

驚きと共感を量産し続ける、とんでもない義母を持つ嫁、秋山さん。

本書は、そんな秋山さんの義母にまつわるツイートを、レベル1から99まで一挙に収録しました。
バズって大人気となった、あの名作ツイートはもちろん、
義母の息子(アキちゃん)と結婚することになって、初めて会った日のエピソードや、
結婚式場を決めるまでの苦労、秋山さんの実家に現れた義父母など、本書で初公開となる話も
てんこ盛り。

強烈な義母とのやり取りツイートと同じくらい人気の、
秋山さんを愛してやまない、夫アキちゃんのおとぼけエピソードや、
疲れをぶっ飛ばしてくれるかわいらしい長男、次男のエピソードも収録しています。

「例えば何か辛いことがあった人、
子育てで悩んでいる人、
仕事でミスして明日が憂鬱な人、
人間関係に疲れた人、
長男5歳の誕生日プレゼントに「大事に使ってね」と
自分で食べた水ようかんの空き容器を8個笑顔で渡してくる姑を持つ人、
みんな明日はいい日になりますように」

秋山より



  • ISBN コード : 9784046042774
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 192ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 13.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●秋山:2児を育てるワーキングマザー。2016年10月よりツイッター(@Aki8ma_3)を始める。不思議な常識の中で生きる義母とのとんでもないエピソードをテンポのよい言葉でツイートし、またたく間に大人気となる。嫁姑問題に悩む、多くの人の心をつかんではなさない。「一番好きなものはお母さん」と言う長男と、ぷにぷに感がたまらない次男、そして嫁を守るため、時に実の母に立ち向かう優しい夫と共に、日々、義母と戦い続ける。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品