ローマ法王

ローマ法王

国際政治・外交・平和のキーパーソンであるローマ法王。その歴史と現在。
定価: 880円(税込み)
発売日:2019年10月24日
ヴァティカンは面積こそ最小だが、12億人以上のカトリック教徒を擁し、政治・外交・平和に影響力を持つ。その頂点に立つローマ法王の歴史と現在を辿る。近代オリンピックも、冷戦終結の端緒・ポーランド民主化も、実現させたのは法王とカトリックのネットワークだった。法王の日々の仕事、各国訪問の理由、現代の価値観への対応を読み解く。西洋文化の根底にあるカトリック文化を知り、国際社会をより深く理解できる快著。第266代法王フランシスコについても紹介。
  • ISBN コード : 9784044005207
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●竹下 節子:比較文化史家・バロック音楽奏者。東京大学大学院比較文学比較文化専攻修士課程修了。同博士課程、パリ大学比較文学博士課程を経て、高等研究所でカトリック史、エゾテリスム史を修める。著書に『フリーメイスン』『戦士ジャンヌ・ダルクの炎上と復活』など多数。

序章 ローマ法王とはだれか
第一章 ローマ法王のホームグラウンド
第二章 ローマ法王とヨーロッパの誕生
第三章 ローマ法王の盛衰
第四章 ヨハネ=パウロ二世と歴史の激動
第五章 二一世紀のローマ法王
第六章 ローマ法王と地球の未来


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品