「いいね」を購入につなげる 短パン社長の稼ぎ方

「いいね」を購入につなげる 短パン社長の稼ぎ方

短パン社長が明かす、売れるための共感マーケティング術
定価: 1,540円(税込み)
発売日:2019年12月06日
洋服を、店頭での対面ではなくSNSでの限定販売だけで、累計売上5億円超えを記録している「短パン社長」こと奥ノ谷圭祐氏初の書籍。
最初の展示会では7人しか来なかった短パン社長が、どのようにして多くの顧客を抱えるようになったのか。そしてまた、カレーやコーヒーなど、ファッション以外の商品まで売れるようになったのか。
SNSを通して、いいねだけではなく「買いたい」と思わせる、その発信術を紹介します。

■第1章 ボクがやったSNSでの「売り方」
最初はつまらなかったボクの発信
「SNSは手紙」という気づき
1万2000円、120着が「1日も経たずに完売」の快挙
1万2000円の短パンはなぜ売れたのか

■第2章 「この人から買いたい」に至るまで
800通のDMでたった7人
陥った「負の連鎖」
なぜ7人は来てくれたのか

■第3章 確立した「ケイスケオクノヤ」という業態
6時間で2000食が完売した1000円の「短パンカレー」
3日で2400本が完売した6500円の「短パンビール」
平日の長野の山奥に500人集まった「短パンフェス」
蕎麦屋がTシャツ売ったっていいじゃないか

■第4章 信頼を稼ぐからお金を稼げる
SNSは手段。目的はお客さんと関係性をつくること
顔の見えないお客さんのことはSNSで調べる
なぜ実名での発信が必要なのか
同じことを何度言ってもいい
自分の商品・サービスを愛しているか

■第5章 購入につなげるボクのSNS発信術
あなたに「好きなもの」は必ずある
炎上にビビッていたってはじまらない
誹謗、中傷はつきもの。「守り」も徹底する
リスペクトがあればパロディもOK
「嫌い」と言う人は「好き」の入り口に立っている
SNSに教科書なんてない
  • ISBN コード : 9784048966382
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 208ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 15.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●奥ノ谷 圭祐:株式会社ピーアイ 代表取締役社長。SNSフォロワー数3万人(2019/10時点)
1年中短パンで過ごす事から付いたニックネームは短パン社長。
業種はアパレルメーカーだが、現在は洋服に限らず、カレー、コーヒー、お米、そしてビールの販売も。まさに好きを仕事にしている純日本人。2014年の夏に立ち上げたブランド「Keisuke okunoya」はSNSのみの販売で売上は5億超え。自身のブログは毎日1日も欠かさず、書き続け間もなく10年を迎える。

■第1章 ボクがやったSNSでの「売り方」
最初はつまらなかったボクの発信
「短パン通信」でお客さんとつながる
手紙でお役立ち情報を発信
「SNSは手紙」という気づき
きっかけは「社長がはいている短パンが欲しい!」
1万2000円、120着が「1日も経たずに完売」の快挙
1万2000円の短パンはなぜ売れたのか
「着る」だけでなく洗い方、保管方法まで伝えてこそ人は買う
落書きだけで2万円が400セット
テレビ出演でわかった「人の魅力で売る」ということ

■第2章 「この人から買いたい」に至るまで
洋服の威力を見せつけられた高校時代
飛ぶように売れたアパレル会社時代
800通のDMでたった7人
陥った「負の連鎖」
なぜ7人は来てくれたのか
眠らずに書いた100枚の手紙

■第3章 確立した「ケイスケオクノヤ」という業態
「人を楽しませたい」というボクの根幹
仕事とは誰かを喜ばせるもの
6時間で2000食が完売した1000円の「短パンカレー」
米をつくるために生まれた「短パン田植え部」
計170kgを売った「短パンコーヒー」
3日で2400本が完売した6500円の「短パンビール」
平日の長野の山奥に500人集まった「短パンフェス」
既成概念をとっぱらえ
蕎麦屋がTシャツ売ったっていいじゃないか
顔の浮かぶお客さんは300人

■第4章 信頼を稼ぐからお金を稼げる
似合わない人には服を売らない
38kg減量で「ケイスケオクノヤ」を着ようとした男
SNSは手段。目的はお客さんと関係性をつくること
「顔が見えているか」が大事
顔の見えないお客さんのことはSNSで調べる
正直が信頼を生み、信頼が共感を生む
見るべきものは競争相手じゃない
なぜ実名での発信が必要なのか
同じことを何度言ってもいい
自分の商品・サービスを愛しているか

■第5章 購入につなげるボクのSNS発信術
ネットは毎日発信できる
人に興味がないのなら「いいね」を押さない
自分の好きなもので楽しませよう
あなたに「好きなもの」は必ずある
「報告」ではなく思ったこと、考えたことを伝えよう
人は自分を好きな人に共感する
炎上したら、たいしたもの
炎上にビビッていたってはじまらない
誹謗、中傷はつきもの。「守り」も徹底する
リスペクトがあればパロディもOK
まずいのは怖がってやらないこと
「悪口」は関心がある証拠
「嫌い」と言う人は「好き」の入り口に立っている
「誰に向かって言うか」を考えよう
おもしろいと思える投稿でまずははじめる
質ではなく量。双方向の矢印を重ねることが大事
SNSに教科書なんてない


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品