雪花妃伝 〜藍帝後宮始末記〜 二

雪花妃伝 〜藍帝後宮始末記〜 二

不本意ながら再び後宮に戻された鈴雪――。王の子の連続死の真相に迫る!
著者: 都月 きく音
イラスト: 伊東 七つ生
定価: 660円(税込み)
発売日:2021年05月14日
◎富士見L文庫×COMIC BRIDGE 頑張る女子主人公コンテスト ファンタジー部門特別賞受賞作◎
(2019年度)

――――著者書き下ろしの番外編 「幕間 雪解けはまだ遠く」 を収録!――――

 不本意ながら再び後宮に戻された鈴雪は、とまどいながらも王と信頼を積み重ね、王の子の連続死の真実に迫っていた。
 恣意的に流された「世継ぎに恵まれないのは、王后の呪い」という噂。そして、先代王后と亡き王女の存在……。
 当初は敵対していたものの、協力し合うこととなった妃たちの手も借り、真実にたどりついたかに思えたさなか――鈴雪は毒に倒れてしまう。
 さらに王宮の必死の対応を嘲笑うかのように、亡きはずのある女の影が闇にうごめき……。

【1〜2巻、2か月連続発売!】
  • ISBN コード : 9784040738789
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●都月 きく音:端正な文章で冒頭から力強く読者を作品に引き込み、独自の物語を描き出すストーリーテラー。
ミステリ要素もある緻密な構成と、ドラマチックな世界観を描き出す筆力の高さを評価され、2019年度に「富士見L文庫×COMIC BRIDGE 頑張る女子主人公コンテスト」でファンタジー部門特別賞を受賞。
本作はそのカクヨム掲載受賞作「雪花妃伝〜藍帝後宮始末記〜」を、大幅な改稿・加筆のうえ2巻に分冊し、上梓したものである。
●伊東 七つ生:漫画家、イラストレーター。単行本『白き面に囚わるる 陰陽師・安倍晴明』や、角川文庫『我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明』の装画を担当。角川ビーンズ文庫『少年陰陽師 そこに、あどなき祈りを』から「少年陰陽師」シリーズ装画を手がける。

   九 毒の痕跡
   十 秘された徒花
   十一 顛末
   十二 王と王后
   十三 鈴雪の託宣
   終 後宮始末

   幕間 雪解けはまだ遠く


数量

ほしいものリストに追加

同じシリーズの別の作品を見る

電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品